「 書籍紹介 」一覧

『白鯨との闘い』を観て思うこと。「それでもアナタは『海が好き』と言えますか?」

『白鯨との闘い』を観て思うこと。「それでもアナタは『海が好き』と言えますか?」

予告編を見てからずっと楽しみにしていた映画『白鯨との闘い』、さっそく観てきました。 とっても面白かったので、書籍ではないですが「書...

記事を読む

『河は眠らない』!

『河は眠らない』!

久しぶりに開高さんの本を読みました。 『河は眠らない』 キッカケはこちらの動画(解説するので観なくていいです)。 ...

記事を読む

ボート雑誌のボートフィッシング特集号!

ボート雑誌のボートフィッシング特集号!

Amazonで検索してもなぜか「そのものズバリ」が出てこずに、去年のものがヒットしました。 ボート免許を取ろうと決めて、いろいろ本...

記事を読む

「ボートに対する心の壁を取り払いたい」という主旨はこのブログも同じです

「ボートに対する心の壁を取り払いたい」という主旨はこのブログも同じです

「ボートと本」、あるいは「海と本」。 なんか相性の良い響きがしませんか? 子供の頃に読んだものといえば『コン・ティキ号探検記』と...

記事を読む

小学生時代から変わらぬ愛読書と言えば!

小学生時代から変わらぬ愛読書と言えば!

『釣りキチ三平』(全65巻)、これしかないじゃろう! 記念すべき第1巻がコチラ。 初版は1974年なんですね! 40年...

記事を読む

私にとって、海を志す原点になった作品です。

私にとって、海を志す原点になった作品です。

北杜夫さんの『どくとるマンボウ航海記』(新潮文庫)。 マグロ漁の調査船に乗ってヨーロッパやアフリカを船で廻った様子を描いたもの。 ...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク