江田島市能美町鹿川

IMG_5446
生まれて初めてフカセ釣りでチヌを釣った場所です。
江田島市能美町鹿川。
バレーボールの栗原恵さんの出身地といえば身近に感じる人もいるでしょうか。

水深は、満潮時で10メートルくらい。
ソコソコ深いので、冬場でもソコソコの釣果が見込めますね(・∀・)
釣れる型は大きくないですが、夏場の数釣りにも良いポイントと言えるでしょう。

ただ、根がかりが多いので夏でも団子釣り(紀州釣り)は難しい面があります。
防波堤の足下はだいたいテトラポッドや基礎石・根石がゴロゴロしているので、チョイと投げないと釣りになりません。
ここは特に底の状態が複雑なのか、ブッコミ釣りなどでオモリをズルズル引いてくると必ず根がかりします。
底ズル式のルアーなんて、とうてい無理ですね。
底を意識させないウキ釣りならさほど問題無いですよ。

ってか、団子だとアタリがあってすぐ根がかりすることがあるんですよ。
それも、ワリと頻繁に。
これって、カサゴあたりのロックフィッシュが食ってすぐに根に潜っているような気がするんですよね~。
ロスト覚悟の上なら、ルアーでロックフィッシュ狙っても面白いかも(・∀・)

チヌの他に、ウマヅラハギ(広島では「ハゲ」と呼ぶ)の釣果もあって、肝の大きくなる冬場に狙って釣りたいな~。
と思って専用タックルで攻めてみました・・・。
IMG_5420

んがしかし!
エサ取り以外に釣れず、今回はほぼ「ボウズ」でした(´・ω・`)
FullSizeRender

チヌやカワハギなどの「底が基本」な魚は、釣り方によっては無理だと実感しました。
実績的には申し分のないポイントなので、チヌ狙い、もしくはハゲ狙いでまた行きますよ~♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です