二重つなぎを覚えよう!

1280px-Double_sheet_bend
「ロープワーク」の6つ目は「二重つなぎ」です。
例によってWikipediaから解説と画像を借りています。

一重継ぎにおいて曲がりに1重の巻きを加える部分を二重にすると、二重継ぎ(ふたえつぎ)となる。一重継ぎよりも高い信頼性が求められるときや太さの異なるロープを連結するとき、またロープが濡れているときなどに用いる。英語ではダブル・シート・ベンド(Double sheet bend)という。

いつも思うんですが、この「高い信頼性が求められるとき」ってどんなときなんでしょうね。
実戦経験の全くない私には想像もつきません。
単純に「手抜きしてもいいとき」ってコト?
それもよくわかりませんが(^_^;)
まぁ、何度か海に出ていくうちに分かっていくことなんでしょうね。

結び方自体は「一重つなぎ」をちょっと発展させただけなので難しくないですね。
こちらも例によって『株式会社ファーストポート』さんの動画です。
いつもありがとうございます~m(_ _)m

さぁ、これで小型船舶操縦士免許に必要な「ロープワーク」は、あとひとつ。
頑張っていきましょう♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.