本結びを覚えよう!

643px-Reef_knot_noeud_plat.svg
この結び方も古来から伝わるものですね。
「本結び」
例によってWikipediaの「歴史」によれば(画像も)、

本結びは新石器時代から使われていたとされる。古代ローマ時代には横結びと縦結びの違いや横結びの方が強度に優れることなども理解されており、また英雄ヘラクレスにちなんでヘラクレス結びという名前で子孫繁栄を願って腰紐に使われていた。ガイウス・プリニウス・セクンドゥスの著書『博物誌』では傷口を包帯で結ぶときに本結びを使うように指南している。

だそうです。

Wikipediaでは、結び方の間違い例として「縦結び」なるものが紹介されています。
実際にやってみましたが、間違えるほうが難しいです(笑)。
下記の動画の通りやれば間違えようがありません。

例によって『株式会社ファーストポート』さんの動画です。
御覧ください。

2本のロープを繋ぐときの基本的な結び方です。
全然難しくないです。
が! ロープとロープを繋ぐこと自体は簡単ではありません。
気楽に団子結びなんかしてしまうと、あっという間に解けます。

大事な結び方には違いありません。
きちんと覚えましょうね♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.