ヤマハ「SR-X」が欲しいです。

今一番欲しいボートがコレ。
ヤマハ「SR-X」です。

wp1024_01
(画像はヤマハのサイトから「壁紙」をダウンロードしました)

5人乗りのプレジャーボートです。
釣り用に特化した、いわゆる「フィッシングボート」ではないですが、操縦席の周りをぐるっと回れるし、腰までの高さのレールもあり、安心して釣りができそうです。
ヤマハのサイトに載っている「概要」は以下のとおり。

海をひたすら愉しみ抜くことをイメージし、デザイン、パフォーマンスといった要素を高い次元で融合させた。ハルに刻まれた、シャープなストラクチャーラインが見る者の目を惹き付け、全方位にわたる隙の無いアレンジメントが、無限のポテンシャルとクロスオーバーな個性を際立てる。あるときは、海を自在に駆け抜けながらターゲットを追跡するアングラーでありたい。またある時はロッドを手放し、開放的なマリンブルーの世界に身を預けたい。このボートは、そんな人々のDNAを刺激してやまない。海がいつまでも最高の舞台であるために。そして、その舞台を存分に愉しみ抜くために。デザインとパフォーマンスは究極の「新化」を遂げた。スタイルレボリューション「SR-X」誕生。

動画も紹介しておきましょう。

一番気に入ったのはスタイリッシュなところ。
釣り専用の和船だともう少し安価なものからありますが、釣りだけがしたいわけでもないですからね。
やっぱりカッコイイほうが嬉しいです。

気になるお値段は新艇で240万円から(税別)。
車並みに高いです。
買うなら中古ですかね。
中古ボート市場はけっこう盛んらしく、こんなサイトもありました。

『中古艇ドットコム』

「SR-X」を検索してみると、2012年モデルのトップグレードが320万円で売りだされていました。
高いですね。

はい、ボートは魚群探知機などの備品が後付になるため、いろいろ装備が増えているとかえって中古のほうが高くなることもあるみたいです。
といって、何も付いていない新艇を購入したとしても、どちらにしても必要な備品は自分で購入することになりますから、結果的には中古のほうが安いことには違いないわけですな。

免許すら取得していない今の状況では、どんなボートが買えるのかを研究している段階です。
全長3メートル未満・出力2馬力以下のミニボートも検討しています。
いつかはキャビンの付いた大型クルーザーで友達ワイワイ島でキャンプ、なんてのもやってみたいです。

なにより、ボートの操縦になれるまではレンタルで何度も海に出る必要があるでしょうね。
それにはマリーナに通って、職員さんやボート仲間とのコミュニケーションも必要でしょう。

いろいろ夢を広げている段階です。
や~、楽しいですよぅ(^^♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です